ft-lab プロジェクトファイル置き場

2018/10/12 Update.

glTFファイル

glTF Converter for Shade3D (https://github.com/ft-lab/Shade3D_GLTFConverter) のサンプルと
glb形式で出力したファイルです。
キャプチャ画像は「glTF Viewer」(https://gltf-viewer.donmccurdy.com/)を使用しています。
ライセンスはCC BY 4.0 としています。
ご自由にお使いくださいませ。
形状名 Shade3Dのファイル glbファイル 説明
Apple
2018/06/30
Update : 2018/10/07.
apple.shd apple.glb (110KB)

apple_draco_no_vertexColor.glb (89KB)
apple_draco.glb (90KB)
リンゴの形状。
頂点カラーを使用。
1Meshに1Primitive。
マテリアルとしてDoubleSidedを使用。


[apple.glb]
未圧縮 : 110KB

[apple_draco_no_vertexColor.glb]
Draco圧縮 + 頂点カラー未使用 : 89KB

[apple_draco.glb]
Draco圧縮 + 頂点カラー使用 : 90KB
Apple cut
2018/06/30
Update : 2018/10/07.
apple_cut.shd apple_cut.glb (58.1KB)
apple_cut_draco.glb (49.0KB)

apple_cut_vert_share.glb (57.6KB)
apple_cut_vert_share_draco.glb (48.5KB)
リンゴを半分に切った形状。
フェイスグループ(1メッシュに複数のマスターサーフェス(マテリアル)割り当て)を使用。


[apple_cut.glb]
未圧縮 : 58.1KB

[apple_cut_draco.glb]
Draco圧縮 : 49.0KB

「Mesh内のPrimitiveの頂点情報を共有」をオン

1Mesh内の複数Primitivesにて、頂点情報(頂点座標/法線/UV)を共有して使用。

[apple_cut_vert_share.glb]
未圧縮 : 57.6KB

[apple_cut_vert_share_draco.glb]
Draco圧縮 : 48.5KB
Dish
2018/06/30
dish.shd dish.glb 皿の形状。
テクスチャイメージを使用しない。
Fork
2018/06/30
fork.shd fork.glb フォークの形状。
金属の反射表現。
OpenSubdivの使用。
Cyawan
2018/06/30
cyawan.shd cyawan.glb 曜変天目茶碗(風)の形状。
Substance Painterから出力したglbをShade3Dにインポートしたもの。
Occlusion/Roughness/Metallicが1テクスチャにパックされている。
Grass
2018/06/30
grass.shd grass.glb 草の形状。
頂点カラーを使用。
マテリアルとしてDoubleSidedを使用。
拡散反射のマッピングレイヤで「アルファ透明」を使用(glTFのALPHA_MASK/alpha cutoffを使用)。
Rocks and trees and grass
2018/06/30
rocks_trees_ao.shd rocks_trees_ao.glb 木と岩と草のシーン。
複数のテクスチャイメージと形状を使用。
頂点カラーを使用。
マテリアルとしてDoubleSidedを使用。
拡散反射のマッピングレイヤで「アルファ透明」を使用(glTFのALPHA_MASK/alpha cutoffを使用)。
Minotauros
2018/07/02
minotauros_attack.shd minotauros_none_motion.glb
minotauros_bone_skin.glb
minotauros_motion.glb
ボーン+スキンのモーションがある形状。
ミノタウルス/minotaurosを使用。

[minotauros_none_motion.glb]
「ボーンとスキンを出力」Off、「アニメーションを出力」Off
ボーンとスキン情報を除外してglb出力。


[minotauros_bone_skin.glb]
「ボーンとスキンを出力」On、「アニメーションを出力」Off
ボーンとスキン情報を追加、モーション情報は除外してglb出力。


[minotauros_motion.glb]
「ボーンとスキンを出力」On、「アニメーションを出力」On
ボーンとスキン情報を追加、モーション情報を追加してglb出力。
occlusion_01
2018/07/15
occlusion_01.shd occlusion_01.glb AO MapをOcclusionのテクスチャとして割り当て。
複数のテクスチャイメージと形状を使用。
occlusion_leaves
2018/07/15
occlusion_leaves.shd occlusion_leaves.glb AO MapをOcclusionのテクスチャとして割り当て(地面の円の部分)。
複数のテクスチャイメージと形状を使用。
頂点カラーを使用。
マテリアルとしてDoubleSidedを使用。
拡散反射のマッピングレイヤで「アルファ透明」を使用(glTFのalphaModeでALPHA_MASK/alpha cutoffを使用)。
lodge
2018/07/19
lodge.shd lodge.glb AO MapをOcclusionのテクスチャとして、地面と建物に割り当て。
建物で2つのUV情報を保持、AO MapでUV2を使用。
複数のテクスチャイメージと形状を使用。
表面材質で「透明」を使用(glTFのalphaModeでBLENDを使用、pbrMetallicRoughness-baseColorFactorでAlpha要素を使用)。

「glTF Viewer」では、Direct Intensityを0に、Ambient Intensityを0.8など大きめの値にしてください。
(影の表現がないため、Occlusionの確認はデフォルトでわかりにくいため)
Yunomi
2018/08/16
Yunomi.shd Yunomi_normal_05.glb
Yunomi_normal_10.glb
Yunomi_normal_20.glb
法線マップの強さ(scale)を変更する検証。

[Yunomi_normal_05.glb]
法線マップの強さ 0.5。


[Yunomi_normal_10.glb]
法線マップの強さ 1.0。


[Yunomi_normal_20.glb]
法線マップの強さ 2.0。

normal_test_01
2018/09/02
normal_test_01.shd normal_test_01.glb
Normal Map時の内部的なTangent Space検証用。

以下のように、UVでの面の面積がないものが存在。


左が法線マップ未使用、右が法線マップ使用。


側面のテクスチャが間延びしているのは正しい表現です。
normal_test_02
2018/09/02
normal_test_02.shd normal_test_02.glb
Normal Map時の内部的なTangent Space検証用。

以下のように、UVをあえてバラバラに向きを変えて格納。




「Test normal」と出っ張って表示されていれば正しい表現です。
draco_test
2018/10/04
draco_test.shd draco_test.glb (2.6MB)
draco_test_draco.glb (0.3MB)
Draco圧縮の検証用。
57088頂点数、57088四角形のポリゴンメッシュ1つ。
テクスチャイメージ未使用。



[draco_test.glb]
未圧縮 : 2.6MB

[draco_test_draco.glb]
Draco圧縮 : 0.3MB

face_test
2018/10/04
face_test.shd face_test.glb (78.8KB)
face_test_draco.glb (63.5KB)

face_test_weight.glb (78.8KB)
face_test_weight_draco.glb (63.5KB)

face_test_vert_share.glb (77.6KB)
face_test_vert_share_draco.glb (69.6KB)

Morph Targets/「Mesh内のPrimitiveの頂点情報を共有」/Draco圧縮の検証用。
1Meshに2Primitives。
2つのテクスチャイメージ使用。
Morph Targetsの割り当て。



Morph Targetsのウエイト 0.0

[face_test.glb]
未圧縮 : 78.8KB

[face_test_draco.glb]
Draco圧縮 : 63.5KB

Morph Targetsのウエイトを指定

[face_test_weight.glb]
未圧縮 : 78.8KB

[face_test_weight_draco.glb]
Draco圧縮 : 63.5KB

「Mesh内のPrimitiveの頂点情報を共有」 On

1Mesh内の複数Primitivesにて、頂点情報(頂点座標/法線/UV)を共有して使用。

[face_test_vert_share.glb]
未圧縮 : 77.6KB

[face_test_vert_share_draco.glb]
Draco圧縮 : 69.6KB
multiplePrimitives
2018/10/12
multiplePrimitives.shd multiplePrimitives.glb (52.3KB)
multiplePrimitives_draco.glb (51.7KB)

multiplePrimitives_vert_share.glb (51.6KB)
multiplePrimitives_vert_share_draco.glb (51.4KB)
Morph Targets/「Mesh内のPrimitiveの頂点情報を共有」/Draco圧縮の検証用。
1Meshに2Primitives。
1つのテクスチャイメージ使用。
Morph Targetsの割り当て。デフォルトでWeight値を0.5として指定。



「Mesh内のPrimitiveの頂点情報を共有」 Off

[multiplePrimitives.glb]
未圧縮 : 52.3KB

[multiplePrimitives_draco.glb]
Draco圧縮 : 51.7KB

「Mesh内のPrimitiveの頂点情報を共有」 On

[multiplePrimitives_vert_share.glb]
未圧縮 : 51.6KB

[multiplePrimitives_vert_share_draco.glb]
Draco圧縮 : 51.4KB

トップページに戻る